マガジンのカバー画像

PINOのメンバーインタビュー記事まとめ

45
パーソルイノベーションで働くメンバーのインタビュー記事をまとめています! ポジションの話だけではなく、その人が組織に対してどんな考えをもって、どんな熱い想いを持って働いているのか… もっと読む
運営しているクリエイター

#オープン社内報

【広報の役割】攻めと守りの広報戦略。新規事業に寄り添いきる広報とは?

こんにちは!パーソルイノベーション人事の小林です。 皆さんは、広報の役割ってご存知ですか…

【新代表メッセージ】次々と事業が生まれるこの場所で、現場目線で会社の飛躍を目指し…

皆さん、初めまして。2021年4月、パーソルイノベーション株式会社の代表取締役社長に就任しま…

【第3期Drit開催】ただの新規事業コンテストではない。Dritは、事業づくりを具体的に…

「まだアイデアベースだが、いつかは事業化したい」 事業オーナーになるチャンスを掴みたいと…

【社内法務の役割】自由な事業推進の伴走者に。

「がんじがらめになってほしいわけではない。思いっきり事業活動に取り組んでほしいから、私た…

アルバイト経験が『Sync Up』の存在意義を確信させた。現役CSが体験談と仕事内容を語…

「正直者が馬鹿を見ない世の中にする」――。 これは『Sync Up』のサービスオーナーである竹…

『Sync Up』マーケティングの面白さは成果の手触り感。自分の行動との関連性が分かり…

パーソルグループには、全ての社員が希望するポジションにチャレンジできる人事制度「キャリア…

ちょっと珍しい開発手法を採用しているのは、顧客の要望に応え続けられるよう開発スピードを維持したいから

パーソルイノベーションでは、常にいくつもの新規事業が並走しています。そのなかで少し異色の開発スタイルを採用しているのが、シフト管理サービス『Sync Up』チームです。 採用している開発手法はエクストリームプログラミング。アジャイル開発の1つですが、プロダクトマネージャーを務める伊藤 竜之介(いとう りゅうのすけ)曰く「実際の開発で採用しているチームは少ないのではないか」とのこと。 それでもこの手法を採用する理由は何なのか。『Sync Up』の開発経緯と共に聞きました。

スキ
24

期間限定でお仕事体験!ジョブトラは互いに新たな知見を得られる最高の“場”

2020年度からパーソルグループ全体で始まったジョブトライアル制度(以下、ジョブトラ)。グル…

【代表インタビュー】「はたらく」とは何か。あらゆる出会いが私の仕事観を形成した

前回の記事でパーソルイノベーションという会社について、お話しさせてもらいました。私たちの…

【代表インタビュー】グループの次の10年を牽引するため、新たなサービスを生み出し続…

パーソルグループは「はたらいて、笑おう。」をビジョンに掲げています。このビジョンを実現す…

目指すのはシニア総活躍社会の実現。誰もが「はたらきやすさ」を追求できる生きやすい…

「働きやすさ」は世代によって異なるのではないでしょうか。 高齢化社会を迎え65歳を超えても…

グループを跨いだ異動で新たな経験。「キャリアチャレンジ制度」を活用して人事になっ…

「新たな環境で、自分の実力を試したい」 「もっと気軽に、新しい仕事や環境にチャレンジでき…